子猫にキャットフードを食べさせるときに知っておきたい基礎知識

葬儀までにしておくこと

花

一緒に火葬できないものも

茨城のペット葬儀社は、24時間対応しているところがほとんどです。葬儀社を決めたら、電話やインターネットで申し込むのが一般的な流れです。夏場気温の高くなる茨城では特に遺体の傷みが早く進むため、なるべく涼しいところに安置し、お腹を中心にドライアイスや保冷剤で冷やします。また、死後硬直が始まるので、手足を曲げておくなどして、少しコンパクトにしておくと良いです。寝かせるところは、いつも寝ているペット用ベッドやダンボールなどで構いません。鼻や口から血が出ている場合はタオルなどを挟んで頭を高くし、下から汚物が出てくる場合は小まめに拭いてあげます。下にペットシーツやバスタオルなどを敷いておくと安心です。ブラシなどで毛並みを整え、もし目が開いていたら、できるだけ優しく閉じてあげます。ペット葬儀の日には、一緒に火葬してあげたい思い出の品などがあるかもしれませんが、燃やせないものもあるので注意が必要です。茨城のペット葬儀社ではリードや首輪、化学繊維の洋服類などは断られます。また、素材がプラスチックやビニール、金属なども火葬の際に黒煙が出て、きれいなお骨にならない恐れがあるため禁忌です。それから、お花で遺体を囲むなどは大丈夫ですが、お骨に着色してしまう可能性があるので淡い色の花を選んでください。そして、茨城のペット葬儀は僧侶がいる場合といない場合があります。僧侶がいて回向してくれる場合は、数珠を持っていたほうが良いです。