ペット葬儀を申し込むにあたって知りたい基礎知識|安心ペットライフ

花

葬儀までにしておくこと

茨城のペット葬儀社に連絡を入れたら、葬儀までの間、遺体を涼しく保つなどの工夫が必要です。また遺体を整え、一緒に火葬したいものがあればまとめておきます。ただし、燃えにくいものや黒煙の出るものなど、お骨に影響が出るものは禁止されています。

詳しく見る

キャットフード

ペットの葬儀で注意する点

ペットを飼っている人にとって犬や猫は家族の一員です。不幸にして亡くなった場合はペット葬儀を行います。大阪のような大都市にはたくさんの業者がありますが、費用が安いと他のペットとの合同火葬になります。また事前に可愛らしい骨壺を用意しておけば、葬儀のあとも持ち帰って家の中に置くことができます。

詳しく見る

餌

成長期に必要な栄養素を

子猫の時期は成長期にあたるため、成猫向けのキャットフードよりも栄養豊富なものが望ましいです。タンパク質、ビタミン、ミネラルがきちんととれるか、無添加であるか、穀物が少ないか入っていないかをチェックして選びましょう。

詳しく見る

墓

ペットを供養するサービス

全国的な流行により、茨城にも多くのペット葬儀業者が登場しました。葬儀から納骨に至るまで一貫したシステムが受けられるというメリットがあります。予算に応じてサービスが選べるため経済的です。基本サービスにはオプションもつけられます。十分にペットの供養ができる上、飼い主の喪失感を癒す儀式にも繋がります。

詳しく見る

猫

ペットとの最期の別れ

大阪でも老齢や健康状態のよくないペットも多い。やがて訪れるペットとの別れを想定して、事前にペット葬儀の手配をしておきたい。納得できる別れになるような充実したプランかどうかを見極めることのできるのも、事前にペット葬儀を検討することができるからといえる。

詳しく見る

えさ

猫のエサの選び方

キャットフードは子猫用のものでもいくつか種類があります。その一つ、ドライフードは保存がきき、総合栄養食のものが多く売られています。一方、ウェットフードは子猫でも食べやすいのが特徴です。しかし、ウェットフードでは栄養価が足りていない場合もあるので、ドライフードを混ぜてあげるなどの工夫が必要です。

詳しく見る

葬儀

満足のいくお別れをしよう

ペット葬儀が可能な施設を茨城で探すときは、設備やスタッフによるサービスが充実しているところを選ぶことが大切です。民間の葬儀施設でペット葬儀を挙げた場合、それにかかる費用は立会の個別仮火葬なら1万円〜6万円程度だと言われています。合同火葬であれば5000円から可能です。

詳しく見る

成長に合わせた食事を

ペットフード

柔らかいものを選ぶ

およそ生後一年くらいまでの猫のことを子猫と呼び、成猫になるために歯が乳歯から永久歯に変わる大事な時期です。子猫は成猫と違い固めのキャットフードを食べることはできないので、柔らかく食べやすいものを与えるように心がけます。子猫用に作られたキャットフードを与えたり、ドライフードをふやかし柔らかくしてあげてから与えるようにします。子猫は成猫用のキャットフードは食べる事が出来ないので、与えないように注意が必要です。子猫は月齢によって、食べやすい種類のキャットフードに変えるのが好ましく、生後二ヶ月を過ぎた頃から人間の離乳食に該当する柔らかいキャットフードを食べられるようになります。離乳期の子猫のために専用のキャットフードも販売されており、これを1日のうちに数回に分けて与えると子猫の胃に負担がかからず安心です。子猫は胃が小さく消化が早く出来ないので、少ない量を少しずつ食べさせるためにひとつのキャットフードを何度かに分けて与えるように気をつけます。離乳期を過ぎた生後六ヶ月くらいからは、子猫用のドライフードに切り替える事が可能です。切り替える際には、柔らかいキャットフードにドライフードを少量混ぜて慣らしながら少しずつ移行をし、生後一年を過ぎると成猫用のドライフードを食べる事が出来ます。キャットフードには魚の味をメインにしたものやチキンの味をメインにしたものなどいくつか種類があり、子猫によって好みが違うのでいくつかの種類を与えて食べ方をみて選んであげると、よく食べるようになります。